ホーム > 施工中ブログ

MAKITA CITY 西品治3号地の施工中ブログ

躯体検査

建方も終わり、建物全体の姿が出来上がっています。

床下に強度梁を多用している、しっかりとした構造です。内部だけでなく、外部も金具をつかってしっかり固定しています。JAS(品質保証)規格の構造用合板を使用し、きっちりと補強用帯金具も取り付けられました。

建 方

土台・柱・梁を組み上げる作業を建方といいます。
あらかじめ組み立ててあるパネルをクレーンで吊り上げ、1階の壁、2階の壁と効率的に組み上げていきます。

1日でほぼ建方の作業は終了します。このスピードと正確さがコストダウンにつながっています。2×4住宅は耐震に優れた構造なので効率もよく、地震にも強い安全な建物です。

土台据え

基礎の上に土台を緊結させました。土台に使用する木材には、防腐防蟻の薬剤処理が施されています。土台と基礎の間には、基礎パッキンを設置します。床下の通気を行い、空気環境を良好に保ちます。この後、断熱材が隙間なく敷きつめられ、断熱材の上から構造用合板を貼っていきます。

基礎配筋検査

基礎のベース・立上りの配筋工事が完了しました!
大切なおうちの基礎部分。
お客様が安心して家に住むことができるように、一級建築士の資格をもったJIOの検査員が検査をします。